So-net無料ブログ作成

人工ダイヤモンドとは [ダイヤモンドの価値]

ダイヤモンドを人工的に作ることは古くから試みられてきたが、実際に成功したのは20世紀後半になってからのことである。



米国のダイヤモンド・イノベーションズ社が高温高圧合成により人類初のダイヤモンド合成に成功したことを発表した。



現在では、ダイヤモンド人工的に作成する方法は複数が存在する。



人工ダイヤモンドは鉄、ニッケル、マンガン、コバルトなどの金属や窒素などの不純物の混入などで黄、緑、黒やこれらの混合した色等の結晶として生成されるのが一般的で、



宝飾用途には利用されず、主に工業用として研磨や切削加工に利用されている。



しかしながら、宝飾品レベルのダイヤモンドは人工的に合成可能で、技術的な面では何も問題は無い。



特に、カラーダイヤモンドは現在様々な方法で作製可能であるが、その鑑定書を作成する公的機関では、決められた手順に沿って評価され、その過程で天然・人工の区別も行われている。



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。