So-net無料ブログ作成

人工ダイヤモンドの歴史 [ダイヤモンドの歴史]

人工的にダイヤモンドを合成する試みは長い歴史がある。



1955年にアメリカのGE社が高温高圧による気相合成法で粒状のダイヤモンド合成に成功したことを世界に初めて発表し大きな話題になった。



その後、高温高圧合成とは全く異なる低圧条件で薄膜ダイヤモンド合成の研究が行われるようになり、



さらに、実験は1970年代に入りよりダイヤモンドに近い性質を持つ炭素薄膜ができたという報告がなされるようになってきた。



ただ問題は、薄膜のダイヤモンド合成に必要な本質的要素は何か、



また、高圧合成の理論から全くはずれた条件で、なぜなぜダイヤモンドの成長が可能になるかと言う点に関し、時間を含めた理論的取り扱いは見あたらなかった。



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。