So-net無料ブログ作成

金の産出量 [金の価値]

人類がこれまでに掘り出した「ゴールド」の総量は14万~15万トン程度だといわれ、今後掘り出し得る金の地下埋蔵量は、6~7万トン程度(競技用オリンピックプール1杯分)といわれています。



金の供給量は、ここ数年、年間2500~3000トン程度なので、あと20~25年ぐらいしか持たないとの意見もあります。



また1トンの金鉱石からわずか5グラムほどしか、は採取できません。



リング1個を作るのに約1トンもの金鉱石が必要になってきます。




実は海水の中にもごくわずかが含まれている様ですが、その割合は1トンの海水あたり、0.1から0.2mgと言われています。



しかしながらこれを抽出するとなると、金の販売価格よりかなりのコストがかかるようなので、現実的ではないようです。



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。