So-net無料ブログ作成

金の歴史と近い未来 [金の歴史]

というのは希少性の高い金属です。



金の埋蔵量は極端に少なく、1トンの金鉱石から3グラムも取れれば上出来という世界です。



そこで、中世ヨーロッパでは他の金属からを生み出す研究が盛んに行われ、これが有名な錬金術です。



残念ながら、金を作り出す事はできませんでしたが、錬金術から生まれたさまざまな技術が、現在の科学の始まりとなっています。



現在でも金の用途の大半は宝飾品アクセサリーですが、最先端の技術においてもはなくてはならない素材です。



この先、工業用にまわされる比率が増えるでしょうが、そうなれば金のアクセサリーの価格は高騰していきます。



今は奮発すれば買える金のアクセサリーも、近い未来にはおいそれと購入できなくなるのかも知れません。



ただ、海底などから効率的に金を抽出できるようになれば、逆に身近な金属になるかもしれません。



は将来、VIPにしか持てないような貴重品になるか、随分と買いやすくなるか、どちらに転ぶか判りません。



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。