So-net無料ブログ作成

カラーダイヤモンドとは [ダイヤモンド]

ダイヤモンドは無色透明のものよりも、黄色みを帯びたものや褐色の場合が多い。



結晶構造の歪みや、窒素 、ホウ素 などの元素によって着色する場合もある。



無色透明のものほど価値が高く、黄色や茶色など色のついたものは価値が落ちるとされるが、ブルーやピンク、グリーンなどは稀少であり、無色のものよりも高価で取引される。



また、低級とされるイエロー・ダイヤモンドでも、綺麗な黄色であれば価値が高い



20世紀末頃から、内包するグラファイトなどにより黒色不透明となったブラック・ダイヤモンドがアクセサリーとして評価され、高級宝飾店ティファニーなどの宝飾品に使用されている。



放射線処理により青や黒い色をつけた処理石も多い。



最近ではアップルグリーン色のダイヤもあるがこれも高温高圧によって着色された処理石である。



また、無色のダイヤモンドに別の物質を蒸着することでコーティング処理した、安価な処理石もある。



ダイヤの硬度・耐久性について [ダイヤモンドの性質]

ダイヤモンドの硬さは古くからよく知られ、工業的にも研磨や切削など多くの用途に利用されている。



ダイヤモンドは実験で確かめられている天然の物質の中では最高のモース硬度(摩擦やひっかき傷に対する強さ)10であり、飛び抜けて硬いことが知られている。



他の宝石貴金属類と触れ合うような状態で持ち運んでいると、それらに傷をつけてしまう事があるので注意が必要である。



宝石の耐久性の表し方は他にも靱性という割れや欠けに対する抵抗力などがある。



靱性は水晶と同じ硬さであり、ルビーやサファイアのよりも低い。



よくダイヤモンドは耐衝撃性に優れているような印象があるが、鉱物としては靱性は大きくないので瞬時に与えられる力に対しては弱く、金鎚で上から叩けば粉々に割れてしまう。



ダイヤモンドは硫酸や塩酸などにも変化せず、日光に長年さらされても変化はおきないとされる。



宝石の呼び名 [宝石の価値]

価値の高い石を貴石(プレシャス・ストーン)と呼び、やや価値の低い石を半貴石(セミ・プレシャス・ストーン)と呼ぶ。



もっと低い石を飾り石とする。



貴石を宝石と呼ぶことがあるが、その場合半貴石は貴石と言い換えられる。



貴石は、宝石の取引上の分類。



狭くはダイアモンド、ルビー、サファイア、エメラルドの四大宝石、それ以外に希少性や硬度を基準として数種の宝石が加えられる。



国や専門家によりその基準は異なり、宝石業界内でも統一されていない。



貴石とされる以外の全ての宝石が半貴石と呼ばれる。



宝石の命名の由来 [宝石の歴史]

宝石の名称は地名やギリシャ語から名付けられることが多い。



特に古くから宝石として扱われてきたものには、



ルビー・サファイア・エメラルド・アクアマリンのように無機物としての組成は同一だが、微量に混入する不純物により色が変わると名称も変わるものがある。



中でも水晶を代表とする二酸化ケイ素を組成とするものは、



その結晶形や昌質、色や外観が異なるだけで石英(クォーツ)、水晶(クリスタル)、アメシスト(紫水晶)、シトリン(黄水晶)、玉髄(カルセドニー)、メノウ(アゲート)、ジャスパー、カーネリアン、クリソプレーズ、アベンチュリンなど様々な名称で呼ばれている。



また近年宝石として評価されるようになった新発見の鉱物に関しては、ゾイサイトやスギライトなど発見者や研究者の名に由来するものが多い。



宝石の資産価値 [宝石の価値]

鉱物の中で金属にあたり、希少性が高く化学反応や風化などによる経年変化が著しく低い鉱物を貴金属といい、金、プラチナなどが該当する。



資産としてみた場合、換金性、実用用途に関しては貴金属の方が宝石よりはるかに優れている。



貴金属、とりわけ金は価格算定の根拠となる世界的に通用する評価基準が決められており、



相場や市場が整備されているのに対し、宝石ダイヤモンドこそ国際的な評価基準ルールや市場、相場が定められているものの、



それ以外はどの宝石もその評価基準は厳密ではなく、国や民族によっても大きく異なる。



具体的には、翡翠は東アジアの国々では高く評価されるが、欧米での評価はそれほどでもない。



誕生石が国によって異なるのもその辺の事情を物語っている。



宝石の資産価値 [ダイヤモンド]


鉱物の中で金属にあたり、希少性が高く化学反応や風化などによる経年変化が著しく低い鉱物を貴金属といい、金、プラチナなどが該当する。



資産としてみた場合、換金性、実用用途に関しては貴金属の方が宝石よりはるかに優れている。



貴金属、とりわけ金は価格算定の根拠となる世界的に通用する評価基準が決められており、



相場や市場が整備されているのに対し、宝石ダイヤモンドこそ国際的な評価基準ルールや市場、相場が定められているものの、



それ以外はどの宝石もその評価基準は厳密ではなく、国や民族によっても大きく異なる。



具体的には、翡翠は東アジアの国々では高く評価されるが、欧米での評価はそれほどでもない。



誕生石が国によって異なるのもその辺の事情を物語っている。



貴金属の用途 [貴金属]

貴金属は合金にして使用されることが多い。



たとえば装飾用には14または18カラット、歯科用の金冠には22カラットの金‐銀‐銅合金を用いる。



ニッケルを10~20%、銅を2~20%、亜鉛を2~10%含む金合金は銀白色で、



ホワイトゴールドとよばれ装飾用や歯科用に用いる。



ロジウムを10または13%含む白金合金は測温用熱電対(つい)として、



イリジウムを15および20%含む白金合金はそれぞれ標準尺度用および標準重量用に使用される。



金や白金も特殊な環境中では腐食される。



金は乾燥ハロゲン、とくに臭素には侵される。



塩酸と硝酸の混酸である王水や、溶存酸素を含む青化カリ溶液には溶解する。



白金も王水中では腐食する。



高温の塩化第二鉄溶液も白金を侵食する。



貴金属、買い取り活況 [貴金属の市場]

金価格上昇の恩恵により、貴金属企業では23年1~6月の買い取り量が、金とプラチナ、銀の3種類合計で、前年同期比で54%増えたという。

7月に入っても、6月の同じ日と比べ買い取り量が5割増えた日があり、勢いは衰えていないという。

一方で、貴金属の買い取りサービスをめぐってはトラブルも増えている。

独立行政法人国民生活センターによると、業者が消費者の自宅を訪問し、

貴金属や和服などを買い取るサービスに関する相談件数は23年度に入って急増。

相場価格に詳しくない高齢者の自宅を業者が突然訪れ、

家にある貴金属を不当に安価で買い取っていくなどのケースも報告されている。

このため、同センターは「相手がどのような業者なのか確認することや、

買い取り条件が明記された書面をもらうことが重要」などと指摘している。

貴金属「安全資産」買い取り活況 [貴金属の市場]

手持ちの指輪やネックレスなど、貴金属を買い取るサービスが活況を呈している。

欧州の財政不安などから安全資産とされる金などに資金が逃避し、価格が高騰していることが背景にある。

ただ、業者が自宅を突然訪問して手持ちの貴金属の買い取りをしつこく迫るといったケースもあり、消費者には業者の見極めが求められそうだ。

活況の要因は、金などの価格高騰だ。

ニューヨーク商品取引所(COMEX)の金塊先物相場は9営業日続伸。

取引の中心である8月物は前日終値比0.8ドル高の1オンス=1590.10ドルと、過去最高値を更新して引けた。

欧州の債務問題が根強いことなどから「安全資産としての買いが集まっている」(アナリスト)ことが背景にある。

NY金、利益確定売りで31年ぶり落ち込み [金の市場]

ニューヨーク・マーカンタイル取引所の金先物相場は急落し、104・00ドル(5・6%)安の1オンス=1757・30ドルで取引を終えた。

下げ幅は1980年1月以来、31年ぶりの落ち込み。

下落率も2008年3月中旬以来、3年5カ月ぶりの大きさとなった。

最近の相場上昇で高値警戒感が強まっており、米株高をきっかけに利益確定売りが膨らんだ。

米耐久財受注が市場の予想以上に増加し、米景気の先行き不安がやや後退。

投資家のリスク回避の姿勢が和らぎ、これまで逃避的に買われていた金の売り材料となった。

金相場は初めて一時1900ドル台に乗せていた。
タグ: 相場 市場

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。