So-net無料ブログ作成

インド、祝祭シーズンで金需要25%増か [金の市場]

世界最大の金消費国であるインドでは、金需要が前年より25%急増する可能性がある。

金相場が資金の逃避先としての需要から歴史的な上昇を見せるなか、買い手が一段高を期待しているため。

金製品の販売量は前年同期を大幅に上回る250トンに上るとみられるという。

金相場は26%上昇し、国際商品市況の代表的指数のうち2番目に高い伸び率を記録。

インドでの需要増は騰勢を強める可能性がある。

地金協会は、今年のインドの金輸入量は過去最大の1000トンに達するかもしれないとの見方を示した。

「高値にもかかわらず需要は旺盛だ」と、人々が宝飾品を購入する際の動機は投資とも指摘した。

インドでは、宗教的祝祭の期間中に金を購入することは縁起が良いと考えられている。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。