So-net無料ブログ作成

ダイヤの硬度・耐久性について [ダイヤモンドの性質]

ダイヤモンドの硬さは古くからよく知られ、工業的にも研磨や切削など多くの用途に利用されている。



ダイヤモンドは実験で確かめられている天然の物質の中では最高のモース硬度(摩擦やひっかき傷に対する強さ)10であり、飛び抜けて硬いことが知られている。



他の宝石貴金属類と触れ合うような状態で持ち運んでいると、それらに傷をつけてしまう事があるので注意が必要である。



宝石の耐久性の表し方は他にも靱性という割れや欠けに対する抵抗力などがある。



靱性は水晶と同じ硬さであり、ルビーやサファイアのよりも低い。



よくダイヤモンドは耐衝撃性に優れているような印象があるが、鉱物としては靱性は大きくないので瞬時に与えられる力に対しては弱く、金鎚で上から叩けば粉々に割れてしまう。



ダイヤモンドは硫酸や塩酸などにも変化せず、日光に長年さらされても変化はおきないとされる。



この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。