So-net無料ブログ作成

カラーダイヤモンドとは [ダイヤモンド]

ダイヤモンドは無色透明のものよりも、黄色みを帯びたものや褐色の場合が多い。



結晶構造の歪みや、窒素 、ホウ素 などの元素によって着色する場合もある。



無色透明のものほど価値が高く、黄色や茶色など色のついたものは価値が落ちるとされるが、ブルーやピンク、グリーンなどは稀少であり、無色のものよりも高価で取引される。



また、低級とされるイエロー・ダイヤモンドでも、綺麗な黄色であれば価値が高い



20世紀末頃から、内包するグラファイトなどにより黒色不透明となったブラック・ダイヤモンドがアクセサリーとして評価され、高級宝飾店ティファニーなどの宝飾品に使用されている。



放射線処理により青や黒い色をつけた処理石も多い。



最近ではアップルグリーン色のダイヤもあるがこれも高温高圧によって着色された処理石である。



また、無色のダイヤモンドに別の物質を蒸着することでコーティング処理した、安価な処理石もある。



この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。