So-net無料ブログ作成

ダイヤの工業用途 [ダイヤモンド]

高温高圧合成などによって合成された工業用ダイヤモンドはもはや高価な材料ではない。



工業用ダイヤモンドにも多種あるが、金の10分の1程度の価格で取引されているものが多い。



ダイヤモンドを工業用途として使用する最大の特徴はその硬さである。



工業用ダイヤモンドや宝飾用途に適さない色の天然の結晶を用いることで、ガラスなどの高硬度材料・難削材料の研削・研磨などオールラウンドな加工が可能である。



工業用ダイヤモンドには用途により、数ナノメートルから数ミリメートルまでの粒径、形状、破砕性、表面状態などによる多くの品種がある。



しかしながら、ダイヤモンドは高温下で化学反応を起こす、などの性質のために、鋼など耐熱合金の切削には適さない。



ダイヤモンドが使用できない分野では、代わりに立方晶窒化ホウ素を用いる。



この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。