So-net無料ブログ作成

サファイアの概要 [金の価値]

サファイアは酸化アルミニウムの結晶からなる鉱物で鋼玉(こうぎょく)とも呼ばれる赤鉄鉱グループに属する。宝石としての価値があり、かつ色が赤でないものをいう。



不純物の違いで濃赤色を呈するものはルビーとなるが「青玉(蒼玉)」という和名があるように、一般に濃紺あるいは青紫色をしたもの(不純物:鉄、チタン)と考えられているが、



濃赤色以外のあらゆる色、例えば黄色や茶色、薄紅色などのものもサファイアである。



また、かつて青色のサファイアは、油絵に使われる青の顔料だった。



ミッドナイトブルーサファイアと称されて流通しているサファイアがあるが、これは、インクブルーサファイアの色合いを呼び変えたものである。



この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。