So-net無料ブログ作成

貴金属の用途について [貴金属の性質]


貴金属は合金にして使用されることが多い。



たとえば装飾用には14または18カラット、歯科用の金冠には22カラットの金‐銀‐銅合金を用いる。



ニッケルを10~20%、銅を2~20%、亜鉛を2~10%含む金合金は銀白色で、



ホワイトゴールドとよばれ装飾用や歯科用に用いる。



ロジウムを10または13%含む白金合金は測温用熱電対(つい)として、



イリジウムを15および20%含む白金合金はそれぞれ標準尺度用および標準重量用に使用される。



金や白金も特殊な環境中では腐食される。



金は乾燥ハロゲン、とくに臭素には侵される。



塩酸と硝酸の混酸である王水や、溶存酸素を含む青化カリ溶液には溶解する。



白金も王水中では腐食する。



高温の塩化第二鉄溶液も白金を侵食する。



タグ: 貴金属 性質

貴金属の買取りサービスとは [貴金属の価値]


金価格上昇の恩恵により、貴金属企業では23年1~6月の買い取り量が、金とプラチナ、銀の3種類合計で、前年同期比で54%増えたという。



7月に入っても、6月の同じ日と比べ買い取り量が5割増えた日があり、勢いは衰えていないという。



一方で、貴金属の買い取りサービスをめぐってはトラブルも増えている。



独立行政法人国民生活センターによると、業者が消費者の自宅を訪問し、貴金属や和服などを買い取るサービスに関する相談件数は23年度に入って急増。



相場価格に詳しくない高齢者の自宅を業者が突然訪れ、家にある貴金属を不当に安価で買い取っていくなどのケースも報告されている。



このため、同センターは「相手がどのような業者なのか確認することや、買い取り条件が明記された書面をもらうことが重要」などと指摘している。



ニューヨークで金先物相場は急落 [金の市場]


ニューヨーク・マーカンタイル取引所の金先物相場は急落し、104・00ドル(5・6%)安の1オンス=1757・30ドルで取引を終えた。



下げ幅は1980年1月以来、31年ぶりの落ち込み。



下落率も2008年3月中旬以来、3年5カ月ぶりの大きさとなった。



最近の相場上昇で高値警戒感が強まっており、米株高をきっかけに利益確定売りが膨らんだ。



米耐久財受注が市場の予想以上に増加し、米景気の先行き不安がやや後退。



投資家のリスク回避の姿勢が和らぎ、これまで逃避的に買われていた金の売り材料となった。



金相場は初めて一時1900ドル台に乗せていた。



タグ: 相場 市場

「安全資産」買い取り活況 [貴金属の市場]


手持ちの指輪やネックレスなど、貴金属を買い取るサービスが活況を呈している。



欧州の財政不安などから安全資産とされる金などに資金が逃避し、価格が高騰していることが背景にある。



ただ、業者が自宅を突然訪問して手持ちの貴金属の買い取りをしつこく迫るといったケースもあり、消費者には業者の見極めが求められそうだ。



活況の要因は、金などの価格高騰だ。



ニューヨーク商品取引所(COMEX)の金塊先物相場は9営業日続伸。



取引の中心である8月物は前日終値比0.8ドル高の1オンス=1590.10ドルと、過去最高値を更新して引けた。



欧州の債務問題が根強いことなどから「安全資産としての買いが集まっている」(アナリスト)ことが背景にある。



金消費国であるインドで金需要25%増か [金の市場]


世界最大の金消費国であるインドでは、金需要が前年より25%急増する可能性がある。



金相場が資金の逃避先としての需要から歴史的な上昇を見せるなか、買い手が一段高を期待しているため。



金製品の販売量は前年同期を大幅に上回る250トンに上るとみられるという。



金相場は26%上昇し、国際商品市況の代表的指数のうち2番目に高い伸び率を記録。



インドでの需要増は騰勢を強める可能性がある。



地金協会は、今年のインドの金輸入量は過去最大の1000トンに達するかもしれないとの見方を示した。



「高値にもかかわらず需要は旺盛だ」と、人々が宝飾品を購入する際の動機は投資とも指摘した。



インドでは、宗教的祝祭の期間中に金を購入することは縁起が良いと考えられている。



高騰する金価格の行方 [金の価値]


高騰する金価格の行方に、市場関係者が神経をとがらせている。



ニューヨーク金先物市場では、過去最高値に迫る1トロイオンス(約31.1グラム)当たり1549ドルを記録。



一方、著名投資家が金資産の大半を売却し、オバマ米大統領が商品市場の投機過熱を抑える方針を打ち出すなど逆風も吹く。



金バブルは続くのか、終わるのか。市場では期待と警戒感が交錯する。



NY金先物市場は、過去最高の高値をつけ、その後も高水準が続いている。



金が高騰している理由は、「無国籍の代替通貨」としての存在価値。



「米国の景気不などで通貨から金へと資金が流れている」などである。



米国ではドルや株が売られて金が買われる動きが顕著だ。



また、世界的にインフレへの警戒が強まっていること。



金は資産価値が目減りしない、インフレに強い実物資産と評価されている。



金は、金利を生まない [金の市場]


金価格高騰の流れを加速させたのが、2003年からスタートした金ETF(金上場投資信託)の登場である。



実物資産である金がETFという金融商品に組成されたことで流動性が高まり、オルタナティブ(代替投資)として年金基金などがポートフォリオに組み入れ始めた。



同時に、基軸通貨ドルから多極的な通貨バスケット制への移行という思惑から、各国の中央銀行が外貨準備として金の保有を増やし始めていることや、



金装飾品需要の拡大など、相場を過熱に導く要素はいくつもある。



しかし、現物の地上在庫は16万トンにすぎない。



わずかな資金流入で金相場は乱高下しかねない危うさがつきまとう。



金は、金利を生まない一種の無国籍通貨であり、社会の「不安指数」的要素を持っている。



金価格は「根拠ある高騰」から「根拠なき熱狂」の入り口にさしかかっている。



揺れる金価格 [金の価値]


金の価格はここ10年の間に6~7倍に高騰した。



ニューヨーク商品取引所が担保となる証拠金を約27%引き上げたのを受け一転して急落、31年ぶりの大幅なものとなった。



金の価格はホットマネーが支配する投機の最中にあることは間違いない。



だが、金の価格はまったく根拠なく急騰してきたわけではない。



最大の要素は、基軸通貨ドルの揺らぎであり、世界的な金融緩和である。



世界に供給された過剰なマネーは、金をはじめとする貴金属市場に流れ込んだ。



ペーパーマネーから実物資産へと「質への逃避」が生じている構図である。



金投資~売却する時に消費税を受け取る仕組み~ [金の相場]


厳しい財政難が続くなか、消費税アップはもはや避けられない情勢だ。



だが、この消費税アップを逆手にとって利益を得る方法がある。



それが「金投資」だ。



金は、購入するときに消費税を払い、売却するときに消費税を受け取る仕組みになっている。



たとえば、金1kgが400万円だとすると、買うときに5%の消費税20万円を支払う。



これを売るとき、もし金価格が同じ400万円なら、5%の消費税20万円を受け取るという仕組みだ(手数料などを考慮しない場合)。



となると、消費税がもし5%から10%に上がれば、売るときには消費税40万円を受け取ることになり、差額20万円が儲かるという計算だ。



ちなみに、消費税の課税事業者を除く個人には消費税の納税義務はない。



金相場~世界的なインフレ傾向~ [金の相場]


2002年以降、金価格は上昇を続けており、特に2007年の夏以降、急激に値上がりし、2008年3月には1オンスが1000ドルを初めて突破するなど、激しく上昇。



その背景には、世界的な金融不安という状況に加え、金の市場へ機関投資家のマネーが流入し、金相場は高止まりしているというのが現状です。



専門家の見解では、「現状、機関投資家のマネー流入という側面もあるが、長期的に大幅に下落することはまずない」で一致しています。



と言うのも、原油価格は落ち着きをみせているもの、世界的なインフレ傾向は変わりありません。



また、インドや中国、ロシアといった新興国も依然として経済成長を続けており、資産・資源として、「純金」への需要は高まっています。



つまり、金価格を押し上げている要因は、今後も容易に変わりそうにないことから、金相場は高値で推移すると予想されているのです。



この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。