So-net無料ブログ作成
ダイヤモンド ブログトップ

ダイヤモンドのもっとも美しいカットとは [ダイヤモンド]

宝石のカットは、それぞれの宝石が本来もつ性質を充分考え、宝石の第一条件である美しさというものを、最大限に引き出すようなかたちでなされます。



なので全てにおいて好ましいカットなんてありません。



けれど、ダイヤモンドに相応しいカットがあって、エメラルドに相応しいカットがあって、オパールに相応しいカットがあるというふうには云えるでしょう。



良質のダイヤモンドにはふつう、ラウンド・ブリリアント・カットというカット形式か施されます。



58面とカット面が多いのが特徴です。



ダイヤモンドの輝きの原因は、光の強い屈折と反射によるものです。



だからこのようにカット面を多くして、いろんな方向から光を入れ、内部でたくさん反射させるのが理想です。



ダイヤモンドの硬さや抵抗力 [ダイヤモンド]

宝石の耐久性は、一般に硬いという一言で片付けられています。



けれど実際には、光・熱や薬品に対する抵抗力も大事な要素です。



また、一般に云う硬さにしても、そこには割れや欠けに対する抵抗力とひっかきキズに対する抵抗力、この二種類があるのです。



例えば、ダイヤモンドは一般に、硬いと考えられています。



ダイヤモンドをひっかいて、キズをつけることができる他の鉱物は、この世に存在しません。



ダイヤモンドは割れないと思ってしまいがちですが事実はそうでありません。



ダイヤモンドはある一定の方向に衝撃が加わると、簡単に割れてしまうのです。



ですから、硬いと一言で云っても、そこにはひっかきキズに対する抵抗力と、割れや欠けに対する抵抗力の二つかあって、それぞれは違うものだと知っておくことが必要です。



ダイヤモンドの概要 [ダイヤモンド]

ダイヤモンドはその性質として、あらゆる物質中で最高の硬さを有し、熱的には絶縁物でありながら最高の熱伝導率を持ち、光学的には屈折率、音響的には音速がそれぞれ最高値を示すという極めて優れた性質を持つ物質である。



ダイヤモンドの合成は、炭素を高温に加熱し、同時に数万気圧という超高圧で加圧し、時間をかけて行われている。



この条件は人工ダイヤも天然ダイヤも同じである。



また、微粉末ダイヤモンドの合成は、火薬を爆破し、その中で炭素に一瞬ダイヤモンドの高圧合成条件を与えることで行なわれている。



高温高圧によるダイヤモンドの気相合成は理論的にも解明されており、合成されたものは数mm以下の粒状で、薄膜状のダイヤモンドは全く存在してない。



薄膜状ダイヤモンド合成の発想は一瞬でも合成条件が満たされればダイヤモンドの合成が可能である。



ダイヤの工業用途 [ダイヤモンド]

高温高圧合成などによって合成された工業用ダイヤモンドはもはや高価な材料ではない。



工業用ダイヤモンドにも多種あるが、金の10分の1程度の価格で取引されているものが多い。



ダイヤモンドを工業用途として使用する最大の特徴はその硬さである。



工業用ダイヤモンドや宝飾用途に適さない色の天然の結晶を用いることで、ガラスなどの高硬度材料・難削材料の研削・研磨などオールラウンドな加工が可能である。



工業用ダイヤモンドには用途により、数ナノメートルから数ミリメートルまでの粒径、形状、破砕性、表面状態などによる多くの品種がある。



しかしながら、ダイヤモンドは高温下で化学反応を起こす、などの性質のために、鋼など耐熱合金の切削には適さない。



ダイヤモンドが使用できない分野では、代わりに立方晶窒化ホウ素を用いる。



カラーダイヤモンドとは [ダイヤモンド]

ダイヤモンドは無色透明のものよりも、黄色みを帯びたものや褐色の場合が多い。



結晶構造の歪みや、窒素 、ホウ素 などの元素によって着色する場合もある。



無色透明のものほど価値が高く、黄色や茶色など色のついたものは価値が落ちるとされるが、ブルーやピンク、グリーンなどは稀少であり、無色のものよりも高価で取引される。



また、低級とされるイエロー・ダイヤモンドでも、綺麗な黄色であれば価値が高い



20世紀末頃から、内包するグラファイトなどにより黒色不透明となったブラック・ダイヤモンドがアクセサリーとして評価され、高級宝飾店ティファニーなどの宝飾品に使用されている。



放射線処理により青や黒い色をつけた処理石も多い。



最近ではアップルグリーン色のダイヤもあるがこれも高温高圧によって着色された処理石である。



また、無色のダイヤモンドに別の物質を蒸着することでコーティング処理した、安価な処理石もある。



宝石の資産価値 [ダイヤモンド]


鉱物の中で金属にあたり、希少性が高く化学反応や風化などによる経年変化が著しく低い鉱物を貴金属といい、金、プラチナなどが該当する。



資産としてみた場合、換金性、実用用途に関しては貴金属の方が宝石よりはるかに優れている。



貴金属、とりわけ金は価格算定の根拠となる世界的に通用する評価基準が決められており、



相場や市場が整備されているのに対し、宝石ダイヤモンドこそ国際的な評価基準ルールや市場、相場が定められているものの、



それ以外はどの宝石もその評価基準は厳密ではなく、国や民族によっても大きく異なる。



具体的には、翡翠は東アジアの国々では高く評価されるが、欧米での評価はそれほどでもない。



誕生石が国によって異なるのもその辺の事情を物語っている。



ダイヤとは [ダイヤモンド]

ダイヤモンドは、炭素 (C) の同素体の1つであり

、実験で確かめられている中では天然で最も硬い物質である。

日本語で金剛石ともいう。

結晶構造は多くが8面体で、12面体や6面体もある。

宝石や研磨剤として利用されている。

ダイヤモンドの結晶の原子に不対電子が存在しないため、電

気を通さない。

地球内部の非常に高温高圧な環境で生成されるダイヤモンドは定まった形で産出

されず、また、角ばっているわけではないが、そのカットされた宝飾品の形から

、菱形、トランプの絵柄、野球の内野、記号を指してダイヤモンド とも言われている。

ダイヤモンドという名前は、ギリシア語の、adamas(アダマ

ス)に由来する。

ロシア語ではАлмаз(アルマース)というが、これは特に磨かれていないダ

イヤモンド原石のことを指す場合がある。磨かれたものについては Брилл

иант (ブリリヤーント)で総称される。
ダイヤモンド ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。