So-net無料ブログ作成
金の市場 ブログトップ

ニューヨークで金先物相場は急落 [金の市場]


ニューヨーク・マーカンタイル取引所の金先物相場は急落し、104・00ドル(5・6%)安の1オンス=1757・30ドルで取引を終えた。



下げ幅は1980年1月以来、31年ぶりの落ち込み。



下落率も2008年3月中旬以来、3年5カ月ぶりの大きさとなった。



最近の相場上昇で高値警戒感が強まっており、米株高をきっかけに利益確定売りが膨らんだ。



米耐久財受注が市場の予想以上に増加し、米景気の先行き不安がやや後退。



投資家のリスク回避の姿勢が和らぎ、これまで逃避的に買われていた金の売り材料となった。



金相場は初めて一時1900ドル台に乗せていた。



タグ: 相場 市場

金消費国であるインドで金需要25%増か [金の市場]


世界最大の金消費国であるインドでは、金需要が前年より25%急増する可能性がある。



金相場が資金の逃避先としての需要から歴史的な上昇を見せるなか、買い手が一段高を期待しているため。



金製品の販売量は前年同期を大幅に上回る250トンに上るとみられるという。



金相場は26%上昇し、国際商品市況の代表的指数のうち2番目に高い伸び率を記録。



インドでの需要増は騰勢を強める可能性がある。



地金協会は、今年のインドの金輸入量は過去最大の1000トンに達するかもしれないとの見方を示した。



「高値にもかかわらず需要は旺盛だ」と、人々が宝飾品を購入する際の動機は投資とも指摘した。



インドでは、宗教的祝祭の期間中に金を購入することは縁起が良いと考えられている。



金は、金利を生まない [金の市場]


金価格高騰の流れを加速させたのが、2003年からスタートした金ETF(金上場投資信託)の登場である。



実物資産である金がETFという金融商品に組成されたことで流動性が高まり、オルタナティブ(代替投資)として年金基金などがポートフォリオに組み入れ始めた。



同時に、基軸通貨ドルから多極的な通貨バスケット制への移行という思惑から、各国の中央銀行が外貨準備として金の保有を増やし始めていることや、



金装飾品需要の拡大など、相場を過熱に導く要素はいくつもある。



しかし、現物の地上在庫は16万トンにすぎない。



わずかな資金流入で金相場は乱高下しかねない危うさがつきまとう。



金は、金利を生まない一種の無国籍通貨であり、社会の「不安指数」的要素を持っている。



金価格は「根拠ある高騰」から「根拠なき熱狂」の入り口にさしかかっている。



投資での金の魅力 [金の市場]


金は宝飾品というイメージが強いかもしれませんが、金はリスクの少ない投資手段としても人気を集めています。



なぜなら、金はそれ自体に価値があるからです。



金は株式や債券等とは異なり、価格は変動しても価値がなくなることはありません。



さらに、金は不況や有事に強いとも言われています。



数年前のリーマン・ショック等による金融不安は、世界中の株式市場や投資環境を悪化させ、通貨の価値は大幅に変動しました。



しかし、このような場合でも実物資産が存在する金の価値は世界中どこに行っても変わりません。



そのため、世界の投資環境が悪化する時には、金の価値は上がる傾向にあります。



また、金はインフレに強く、着実に価格が上がるという特徴もあります。



NY金、利益確定売りで31年ぶり落ち込み [金の市場]

ニューヨーク・マーカンタイル取引所の金先物相場は急落し、104・00ドル(5・6%)安の1オンス=1757・30ドルで取引を終えた。

下げ幅は1980年1月以来、31年ぶりの落ち込み。

下落率も2008年3月中旬以来、3年5カ月ぶりの大きさとなった。

最近の相場上昇で高値警戒感が強まっており、米株高をきっかけに利益確定売りが膨らんだ。

米耐久財受注が市場の予想以上に増加し、米景気の先行き不安がやや後退。

投資家のリスク回避の姿勢が和らぎ、これまで逃避的に買われていた金の売り材料となった。

金相場は初めて一時1900ドル台に乗せていた。
タグ: 相場 市場

インド、祝祭シーズンで金需要25%増か [金の市場]

世界最大の金消費国であるインドでは、金需要が前年より25%急増する可能性がある。

金相場が資金の逃避先としての需要から歴史的な上昇を見せるなか、買い手が一段高を期待しているため。

金製品の販売量は前年同期を大幅に上回る250トンに上るとみられるという。

金相場は26%上昇し、国際商品市況の代表的指数のうち2番目に高い伸び率を記録。

インドでの需要増は騰勢を強める可能性がある。

地金協会は、今年のインドの金輸入量は過去最大の1000トンに達するかもしれないとの見方を示した。

「高値にもかかわらず需要は旺盛だ」と、人々が宝飾品を購入する際の動機は投資とも指摘した。

インドでは、宗教的祝祭の期間中に金を購入することは縁起が良いと考えられている。

金は無国籍通貨 [金の市場]

金価格高騰の流れを加速させたのが、2003年からスタートした金ETF(金上場投資信託)の登場である。

実物資産である金がETFという金融商品に組成されたことで流動性が高まり、オルタナティブ(代替投資)として年金基金などがポートフォリオに組み入れ始めた。

同時に、基軸通貨ドルから多極的な通貨バスケット制への移行という思惑から、各国の中央銀行が外貨準備として金の保有を増やし始めていることや、

金装飾品需要の拡大など、相場を過熱に導く要素はいくつもある。

しかし、現物の地上在庫は16万トンにすぎない。

わずかな資金流入で金相場は乱高下しかねない危うさがつきまとう。

金は、金利を生まない一種の無国籍通貨であり、社会の「不安指数」的要素を持っている。

金価格は「根拠ある高騰」から「根拠なき熱狂」の入り口にさしかかっている。
金の市場 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。