So-net無料ブログ作成
金の相場 ブログトップ

金投資~売却する時に消費税を受け取る仕組み~ [金の相場]


厳しい財政難が続くなか、消費税アップはもはや避けられない情勢だ。



だが、この消費税アップを逆手にとって利益を得る方法がある。



それが「金投資」だ。



金は、購入するときに消費税を払い、売却するときに消費税を受け取る仕組みになっている。



たとえば、金1kgが400万円だとすると、買うときに5%の消費税20万円を支払う。



これを売るとき、もし金価格が同じ400万円なら、5%の消費税20万円を受け取るという仕組みだ(手数料などを考慮しない場合)。



となると、消費税がもし5%から10%に上がれば、売るときには消費税40万円を受け取ることになり、差額20万円が儲かるという計算だ。



ちなみに、消費税の課税事業者を除く個人には消費税の納税義務はない。



金相場~世界的なインフレ傾向~ [金の相場]


2002年以降、金価格は上昇を続けており、特に2007年の夏以降、急激に値上がりし、2008年3月には1オンスが1000ドルを初めて突破するなど、激しく上昇。



その背景には、世界的な金融不安という状況に加え、金の市場へ機関投資家のマネーが流入し、金相場は高止まりしているというのが現状です。



専門家の見解では、「現状、機関投資家のマネー流入という側面もあるが、長期的に大幅に下落することはまずない」で一致しています。



と言うのも、原油価格は落ち着きをみせているもの、世界的なインフレ傾向は変わりありません。



また、インドや中国、ロシアといった新興国も依然として経済成長を続けており、資産・資源として、「純金」への需要は高まっています。



つまり、金価格を押し上げている要因は、今後も容易に変わりそうにないことから、金相場は高値で推移すると予想されているのです。



アクアマリンとは [金の相場]

アクアマリンのアクアとは水、マリンとは海の事。



アクアマリンは、名前の通り透き通るような海の水色をした、涼しけな宝石です。



エメラルドと同じ鉱物ですが、エメラルドとは対照的に、もろさはなく、キズの比較的すくない宝石です。



色は淡青色から青色ですが、サファイアのような濃青色のものはありません。



品質と選び方としては、キズが少なく、透明度の高い事。



グレイやグリーンがかっていない純粋な青色である事。



大粒である事。



以上の条件を充たすものが良品とされます。



たとえば同品質のエメラルドと比較してみると、かなり安価なので、より品質にこだわって選べる宝石だと云えます。



また、大粒のものが多いので、存在感をアピールする宝石として最適です。



とは云え、あの涼しい色合いのせいで、ちっとも圧迫感を与えません。思い切って10カラット以上のものを選んでみてはどうでしょうか。



金相場は上昇傾向 [金の相場]

2002年以降、金価格は上昇を続けており、特に2007年の夏以降、急激に値上がりし、2008年3月には1オンスが1000ドルを初めて突破するなど、激しく上昇。

その背景には、世界的な金融不安という状況に加え、金の市場へ機関投資家のマネーが流入し、金相場は高止まりしているというのが現状です。

専門家の見解では、「現状、機関投資家のマネー流入という側面もあるが、長期的に大幅に下落することはまずない」で一致しています。

と言うのも、原油価格は落ち着きをみせているもの、世界的なインフレ傾向は変わりありません。

また、インドや中国、ロシアといった新興国も依然として経済成長を続けており、資産・資源として、「純金」への需要は高まっています。

つまり、金価格を押し上げている要因は、今後も容易に変わりそうにないことから、金相場は高値で推移すると予想されているのです。



金の相場 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。