So-net無料ブログ作成
金の産地 ブログトップ

金の埋蔵場所は都市にあり? [金の産地]


人類がこれまで強調文に掘り出した金は約14万トン、これから新たに掘れる地下埋蔵量は6~7万トンと言われており、2006年、金鉱山生産量は横ばい~減少と見られています。



金の生産国第一位の南アフリカで年間約3百数十トン。



これに比べ年間1千トン近いが存在しています。



一体どこに?それは土の中ではなく、都市にあるのです。



答えは加工品に含まれる金です。



装飾品、コンピュータや精密機械の中、その他様々な所に使われた金がリサイクルとなってまた金に戻ります。



金は空気、水など外環境によって一切変質しないのでリサイクルしても全く劣化していない金です。



このリサイクル金が合計量が毎年1千トン近くあるそうで、新たに鉱山から掘るより効率が良いのではないでしょうか。



という理由から埋蔵金は都市にあり、と言うわけです。



タグ: 埋蔵金 産地

金の産出国 [金の産地]


現在、はどの国からの供給が多いのでしょう。



最も産出量が多い国は南アフリカです。



南アフリカは地下資源が豊富で、はもちろんダイヤモンドやその他の地下資源の多い事で有名です。



の鉱石にはその何百倍という銀や銅が含まれているのが普通で、こうした金属も高い産出量を誇っています。



南アフリカは実に産出量1000トン、シェア7割を占めていましたが、その産出量は年々減り現在ではピーク時の4分の1とも言われています。



そして、100年以上も世界トップの南アフリカですが、今その王座を中国が奪おうとしています。



世界の金の鉱山産出量は2471.1トン。



しかし、南アフリカの資源は枯れかかっているため産出量が急落。



中国は産出量247.2トンで世界第3位。



長い間、金の3大産出量だった南アフリカ、アメリカ、オーストラリアが産出量を減らす中、この10年で70%も伸ばしている中国は、ついに産出量300トンを超え南アフリカを抜いて世界第1位に躍り出る見通しだそうです。



金の産出量とリサイクル [金の産地]


の地下埋蔵量は6~7万トン程度で、あと20~25年ぐらいで枯渇してしまうという意見が発表されました。



石油はあと30年で無くなってしまう、という事も言われていましたが、そんな30年もとっくに過ぎ去り今でも石油は採掘されています。



これは新しい油田などが発見されたおかげですが、の場合はどうでしょうか?



金自体の埋蔵量は、6~7万トン程度。



このままでは、すぐに掘りつくされてしまうというのはどうやら事実のようです。



これからは、極地や海底からも掘り出さなくてはならないと言われています。



しかし、の場合は使用済みの金を再び溶かして使うことが出来ます。



リサイクルされる金は、現在流通量の15~20%を占めているといわれ、今後さらに、多くの電気製品に使われている金を回収するリサイクル化が進み、困難になっていく金の採掘コストに比べれば、リサイクルの方が有利になるかもしれません。



砂金の採取方法とは [金の産地]

砂金とは、砂状に細粒化した自然金の事。



砂金の採取方法としては、川の、上~中流域の砂がたまりやすい中州や屈曲部の内側に堆積する砂礫層を捜します。



鍬などで砂を掘り起こし、揺り板やパンニング皿の中で流水で洗いながら砂金を選別する。



は比重が砂礫よりかなり大きいので、時間を掛けて丹念に洗い流せば素人でも採取が可能があります。



ただし、労働時間と収益を見比べると多くは最低賃金を大きく下回る結果に終わることが多いです。



誤認しがちな例としては、川底に光り輝く金色の粒子のほとんどは黄鉄鉱で、砂金は比重が大きいので川底に露出し続けることは無い。



黄鉄鉱と砂金の違いはハンマーなどで叩くと判別ができ、割れるのが黄鉄鉱で、形がつぶれて伸びるのが砂金



また、黄鉄鉱のほとんどが、立方体の結晶状態で産出されるのに対し、砂金は角が無い不定形で産出される。



ただし黄銅鉱の場合には明確な自形結晶の砂鉱をなす事は珍しく、不定形な物がほとんどである。



タグ: 性質 産地
金の産地 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。